フローティングベスト?膨張式?ライフジャケットの使い分け

スポンサーリンク
ルアーフィッシングの基礎知識
スポンサーリンク

釣りの必需品であるライフジャケットですが、様々な種類があって『どれを買ったら良いのかわからない!』という方も多いのではないでしょうか?

それぞれメリット・デメリットがあり、初心者の方には区別が付きづらいものだと思いますので、簡単に説明をしていきまいと思います。

フローティングベストとは・・・

中にフロートという発泡体が入っており、常に浮力を持っているものになります。
途中で破けたり、機能が低下するリスクも少なく堤防など足場の良いポイントから磯場までオールマイティーに使用することができます。
岸からのルアーゲームで使用するのであれば、まず初めに購入するのであればこちらのタイプが個人的にはオススメです。

ちなみに私が使用しているものはコチラ

             

厳密にはひと世代前のものを使用していますが快適に使用できています。
他の製品には少ない腰ベルトを標準装備していますので、実際に持った以上に軽く感じます。
また収納力も高く、長く愛用していますが、とても気に入っています。

気になる点としてはバックパックの容量が少ないこと、腰ベルトありきですので、全体的な自重は決して軽い部類ではないと思います。また夏場は体に接着している部分が多いので正直暑いです。

フローティングベストの中でも値は張り、デメリットもありますが、とにかくオールマイティに活用でき、快適に使用できているのでオススメです。

膨張式ライフジャケットとは・・・

普段はコンパクトで体の動きの妨げになりづらいのがメリットです。また夏場など暑い時期にも比較的快適に使用することができます。船釣りをする方はこちらの方がポピュラーだと多います。

構造は大きく分けて2種類あり、水圧を感じた時(落下した際)に自動で膨張するタイプと手動で膨張するタイプがあります。筆者は断然自動膨張式をオススメします。

なぜかと言いますと仮に落下した際、意識があるとは限りません。テトラポッドで落下した際には全身を打ち手動で作動することが困難な場合も想定されます。その一方、自動膨張四季は落下後、水圧を感じると同時に膨張しますので安心感があります。
また膨張した袋は岩等のスレに弱く、磯場では穴が空いたり期待される効果が得られないこともあります。

あくまでも足場の良い堤防や、フロート部分の欠損が」ない所での使用用と筆者は割り切って使用しています。

各メーカーから様々なものが出ていますが筆者が愛用しているものはこちら

            

自動膨張かつ有事の際には手動でも発動させることができ、なおかつエギングやアジングには丁度良いくらいのバッグ一体型になっています。
ライフジャケットとカバンを別々に用意することなく、これ一つで釣り場に行けることは非常にストレスフリーです。バッグの容量は少なめですが、エギング・アジングでは十分でしょう。

筆者はポイント、釣りものに合わせて使い分けをしています。
オススメとしては最初の1つ目には浮力体の入ったフローティングジャケットを、必要に応じて膨張式のライフジャケットを検討するのが良いのではないでしょうか?

皆さんのご検討の参考になれば幸いです。

ライフジャケットは釣りの必需品です。どんなに慣れているポイントでも装着をオススメします。

価格的にも安いものもありますので釣りをする際は必ず装着し、楽しく長く釣りを楽しんでいきたいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

新潟県内のブログが載っています。よろしければ見てみてください!
➡︎にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

Follow me!

コメント