アブガルシア ロックスイーパー 77ML デルージョン インプレ 

スポンサーリンク
インプレッション
スポンサーリンク

今回はアブガルシアから発売されているソルトベイトフィネスロッド

アブガルシア エラディケーター ロックスイーパー ERSC-77ML-BFーDELUSION(デルージョン)をインプレッションしていきたいと思います。

初めに結論ですが

決してバーサタイルなロッドではなく、フィールドや魚種、魚のサイズを選びますが
私としては思い通りな点が多く満足しています。できるだけ軽いリグである程度の大物までキャッチしたいという人にはオススメできます!

まずは見た目とスペックから

赤が差し色に入っていて、個人的には好みです。

細部を見ていきたいと思います。

まずはグリップ周り

コルクがあしらわれています。

グリップはスケルトンシートになっていて、指が直接ブランクスに触れるようになっています。感度UPに繋がっているようですね。

次は継ぎ目です。

安定の印籠継です。継ぎ目には印があり、ズレなく簡単に繋げることができます。この機能はどのメーカーも標準で採用されると良いですね。

ガイドはチタンフレーム&トルザイトによるセミマイクロガイド仕様になっています。
先代のロックスイーパーのマイクロガイド仕様よりは広径になっていますが、やはり小さいです。
この仕様はメリット、デメリットあると思いますが、個人的にはガイドは大きい方が好みです。

ブランクスの特性としてはTAF製法というものを採用しており、nanoカーボンブランクス採用かつ、100%カーボンで作られています。グラスが全く入っていない100%カーボンのロッドは珍しいのではないでしょうか。

自重は109g、ルアーウェイト3.5g〜14g、リーダー7〜14Lb、PE0.6〜1.2となっています。

振った感じは全体的にハリがあり、ベイトフィネスとは言いつつも、しっかりとロックフィッシュに適したテーパーになっていると思います。

実際の使用感

私は以前紹介した同じアブガルシアのウルトラキャストBF8と合わせて仕様しています。

正直色は合わないです( ̄▽ ̄;)
シンプルに黒や赤のリールが合いそうです。

一応ベイトフィネス機ということで、自重はものすごく軽いです。

ロッド自重109g+リール自重175g=284g

ロックフィッシュロッドとしては破格の軽さです!

私の以前のロックフィッシュタックルは

アピア ブルート 88H ボトムコンタクト+シマノ 18アンタレスDCMD(売却済)
シマノ ハードロッカー 90H+ダイワ レグザ LT3000XH

を使用しており、ゴリゴリのヘビータックルを仕様していました。

40UPのキジハタを目標にして、地磯で使用してきました。

ヘビータックルであるがゆえ、パワーは十分なものの、重さと軽いリグの操作感に不満を持っていました。

新潟の大型のキジハタの最盛期は初夏。

今年の初夏に合わせて購入したものが今回のロックスイーパーとウルトラキャストです。

スペック上軽くて快適に使用できそうですが、果たして40UPのキジハタをドラグほぼフルロックでリフトするパワーがあるのか?
そもそも折れないのか?笑  非常に心配でした。

ラインセッティングはMAXのPE1.2号にリーダーフロロ14Lb リーダーの長さは2ヒロくらいのロングリーダーで始めました。

このシーズン、10回程釣行にいきましたが

20〜30cmのキジハタ・カサゴをキャッチしてきましたが、ブランクスはティップまで張りがあり、軽く、軽いリグの使用感も抜群に良かったです。特に10〜14gのリグの使用感は最高です。引き味を楽しみつつ、バットからティップまでの粘り強さがドラグフルロックでも安心感が持てます。

なおかつ自重が軽いため取り回しも良くフルキャストから、スリットやストラクチャーを狙ったピッチングまで快適に使用できました。

一度はフッキングと同時にのされ、もう一度はランディング直前に藻に巻かれてフックアウトしてしまい、このタックルで40UPをキャッチすることはできなかったのですが、ロッドパワーは期待以上にありました。

実績がないので推測ですが40cmくらいのキジハタならドラグフルロック、ゴリ巻きファイトが可能だと思います。さすがに45cmを超えてくるとフィールドによっては厳しいかもしれません。
逆に堤防など根が少ないフィールドではドラグを使いながらキャッチすることはできると思います。

この軽い使用感が楽しすぎてますますキジハタ釣りが好きになりました!

しかし残念な点も・・・

まずMADE IN JAPANではありません。しかもあたかもJAPANを強調してきます。

DESIGNED IN JAPAN! ドヤア!

と大きく記載されていますが、別の箇所に

めちゃくちゃ小さく Made in China と記載されています。
これって購入者に誤解というか語弊というかを与えかねないのではと思いました。

ものはとても良く、しっかりとしたデザイン・所有感もあるのに少し残念でした。
これなら堂々と中国製と記載してあった方が好感が持てます。

もう一つ、私にとって一番残念な点は・・・

このロッドにはロングリーダーは適しません!(想像通りw)

セミとはついていますが、ガイドが小さいため、どうしても結びコブが干渉しやすく感じました。
ちなみに結束はFGノットorSCノットです。

ガツガツガツという嫌な音と飛距離に大きく影響していました。

マイクロガイドにはフッキング力の向上と感度UP等のメリットもありますが、私にはロングリーダーに向かないというデメリットの方が大きかったです。
ガイドがもう少し大きければ・・・。ロッドの使用感は良いだけにここだけは非常に残念でした。

改善点としてはリーダーを短くし、ガイドに巻き込まないようにしました。といってもベイトタックルで1ヒロは取るので、垂らしを長くしてのキャストになれなければいけません。

ガイドにリーダーが干渉しないため、リーダーの選択肢が増え
現在はPE1.2号にフロロ20Lbに落ち着きました。

初めに結論を述べた通り、私はこのタックルについて非常に満足です。9月〜11月にかけてもエギングと並行してこのタックルで40UPのキジハタを狙っていきたいと思います。

しかし、決して万人受けするロッドではないので、他の候補があればよく吟味することをオススメします。

また大きな魚をキャッチすることができたら、改めて追記したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

新潟県内のブログが載っています。よろしければ見てみてください!
➡︎にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村


2020.9.30追記

このタックルで大物獲りました!

よろしければご覧ください!

Follow me!

コメント