ヤマガブランクス ブルーカレント 83TZnano Flex インプレ

スポンサーリンク
インプレッション
スポンサーリンク

今回は愛するヤマガブランクスのロッドの中でも私が一番使用頻度が高いロッドを紹介したいと思います。

購入時、私は 

ブルーカレント 77TZnano Stream-Special
ブルーカレント 85TZnano All-Range
ブルーカレント 65TZJH-Special

を所有していました。

フィッシングショーで様々なロッドを触る機会があり、個人的では

ブルーカレント 93TZを購入する予定でヤマガブランクスのコーナーに行きました。

93TZは85TZよりもさらにパワーアップし、やはり良いなと思いました。

その時、一応同時期の新製品のブルーカレント83TZnano Flexを触ってみることに・・・

なんだこれ!

圧倒的な軽さ、少しだるく感じるブランクスなのに、戻りの速さ。

衝撃を受けました。

丁度、もっとパワーのあるアジングでのジグ単ロングロッドが欲しかったので、結局お目当ての93は買わずに速攻で83を衝動買いしてしましました。

買った当初は後悔した

初めはウキウキでいたものの、冷静に考えると77TZあるし85TZもある。83TZはレングス的にはその真ん中。高価なものですし、現状で満足しているのに、果たして使いどころがあるのか・・・と

実際にウェイトの上限は77TZの方が広く、77TZでも下限が1.5g〜

83TZは下限こそ77TZよりも下から快適に使えるとのことであるが、軽量ジグヘッドは65TZがある・・・

実際に使ってみないとわからないので、ウリである軽量ジグヘッドの遠投で実際に使ってみることにした。

アジングにて使用

下限である0.8g〜3gまで使用。場所は磯場。

ちょうど65TZよりも長さもパワーもあるモデルが欲しかったので楽しみにしていました。

肝心のファーストインプレッションは

3gなら使い心地は悪くないが、さすがに1g前後は投げられるが使い心地は良くない。感度もやはり65TZよりもぼやける感じ。正直、期待外れ。

ジグヘッド単体でアジを釣るのであれば、同じヤマガブランクで他に選択肢はたくさんあるので、そちらをオススメします。


そんなこんなで「早く売って、新しいアジングロッドを買おうかな」とまで思っていました。

しかし、アジング以外で使ってみると驚きの連発でした・・・

77TZより使っていて気持ち良い・・・

推奨ウェイトの下限の使用感は決して良いとは思わなかったが、3g以上の使用感は抜群です。

・メバリングでの使用感

3g以上のジグ単〜10g以上のフロートを使った遠投の釣り、プラグまで快適にこなせます。ティップ〜ベリーにかけては繊細な作りだが、バットはしっかりと残るため、不意の大物でも安心感が持てます。

85TZでは少しオーバーパワーなところも感じていましたが、このロッドは使っていて非常に気持ち良く使えました。

正直、投げ方を工夫すればウェイト上限以上のものも怖さなく使用できています。(ウェイト上限以上のものを使用する際は自己責任でお願いします。決して推奨することではありません。

特にメバルのプラッギングには絶妙です。

85TZでは操作感があまり感じられず、77TZではティップまで張りがありすぎて動かしすぎてしまう・・・

その部分を絶妙にカバーしてくれます。

アクションをつけるにしても、ティップの少しの動きでメバルに対しては絶妙なアクションができます。

・ワインドでの使用感

3g以上は気持ちよく使用できます。特に10g以上は竿のしなりを活かせばかっ飛びます。

しゃくった後の戻りも良く、糸がらみなどのトラブルもありませんでした。

太刀魚やサゴシなどの大物も釣りましたが、抜き上げは躊躇するものの、引きに対しては「本当にライトゲームロッド?」と思えるくらい安心感を持ってファイトできました。

正直、ワインドについては77TZでも快適にでき、使用感は別れそうですが、私は83TZの方が好みです。

・チヌゲームでの使用感

まだ釣り上げたことのない私がいうのもなんですが、絶対良いです。

またまた77TZとは好みが別れそうですが、77TZよりも全体的に張りが抑えられており、マイルドなテーパーのため、ボトム〜トップまで快適にルアーを操作できます。

パワーについてはまだ掛けたことがないので大きなことは言えませんが、おそらく不安なくファイトできるのではないかと思っています。

・エギングでの使用感

今季は思い切ってエギングでも使用してみました。

2.5号の使用感はエギング専用ロッドであるメビウス88Lよりも良いです。3号はウェイトオーバーになるものの私は使用していてとても楽しいです。

特にエギを動かすパワー不足も感じませんし、秋イカ初期のイカとのファイトも楽しめます。

ここも77TZでも同じことができそうなので、好みが別れそうです

また使用するエギはしゃくり抵抗が少ないものをオススメします

いつものオススメリンク貼っときます。

3.5号も使用してみましたが、さすがにキャスト・しゃくり動作共に不安感がありますので、3.5号は大人しくエギングロッドを使用しています。

・メタルジグの使用感

良くないです。やはり大きくアクションする系は竿のダルさが目立ちます。ここら辺はやはり77TZや85TZに軍配が上がります。


今回は主に同じブルーカレント、特に85TZと77TZと比較しながら83TZのインプレッションをしてみました。

初めは後悔したものの、ここ最近では最も使用頻度が高い竿で大変満足感を持っています。77TZの出番は減ってしまい、85TZは手放してしまいました。

私のようにライトゲームをマルチにこなしたい!という方にはうってつけなのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よろしかったら応援ポチッとお願いしますにほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村

比較タックル情報です

Follow me!

コメント